BicRise

お客様の安心・安全のために。

ビック・ライズグループは
環境問題や社会への貢献に
力を入れています

環境への取り組み

太陽光発電所設備を保有について

ビック・ライズでは、環境への取り組みの一環として、茨城県鉾田市に太陽光発電所設備を保有しています。
自社の設備で自然エネルギーによる発電を行うことでCO2排出の削減の一助として貢献するとともに、食品スーパーあおば等の店舗における電力消費に対する社員・スタッフの節電意識を高め、さらなるエコへの取り組みを進めていきます。

【設備概要】
  • 名称あおば鉾田太陽光発電所(アオバホコタタイヨウコウハツデンショ)
  • 所在地茨城県鉾田市中居1395
  • 発電出力808.5kw

レジ袋削減(エコバッッグ導入)の取り組み

ビック・ライズでは、環境にやさしく買い物をしていただくため、2017年4月1日よりエコバッグの導入を開始しました。

社会貢献

スポーツを通じて地域社会に貢献しています

ビック・ライズは、地域への取り組みとしてYSCC(Yokohama Sports & Culture Club)のオフィシャルクラブパートナーとして活動しています。

YSCC公式ホームページはこちら

あおばスポーツパーク(新⽻⾞両基地 有効活⽤事例)について

地域住⺠の皆さんと⼀緒に成⻑していける施設づくりを⽬指し、1階の⼀部と3階(屋上)には「スポーツで育む地域とくらし」をテーマにしたスポーツ施設及び、レストラン・カフェ、マルシェ広場、屋上広場等を設置します。

【地域社会への貢献】

1階に「野球塾」3階(屋上)に「総合グラウンド」、「テニススクール」及び「スポーツアミューズメント施設」などのスポーツ施設を設置することによって、地域住⺠の健康増進につながる施設とします。
また、「⾷品館あおば」だから出来るマルシェ(特産品・朝⼀とれたてファーマーズ商品)広場を併設し地域住⺠の皆様に「楽しさ・美味しさと団欒」を提供します。

【太陽光発電】

3階(屋上)に、必要緑化⾯積の699.06m2(緑化協議にて)を超える979.18m2の緑化を設置します。

【緑化計画】

3階(屋上)クラブハウスの屋根に太陽光発電パネルを約26m2設置します。年間発電量は、5,114KW を⾒込み、クラブハウスの電⼒を賄います。
※パネル設置によるCO2削減量は2961kg となり、約212本のスギが1年間に吸収するCO2量に相当します。