キャンペーン

会員限定お買い得情報満載!!メールマガジンを配信中!

「食品館あおば」では、お得情報満載のメールマガジンを配信中! 限定の割引情報など、メルマガ会員様だけの特典がいっぱい☆お得情報を使いこなして、お買い物の達人になっちゃおう!!

詳しくは各店舗ページからご覧ください

代表メッセージ

創業から現在までの歩み

当社のはじまりは1971年3月に創業した中嶋青果店という小さな小売店です。1986年5月に今の「株式会社ビック・ライズ」を設立し、青果店から食品スーパーマーケットへ転換しました。
神奈川県内で青果店を営んでいて、食品スーパーマーケットを展開し現存している企業は、数える程度しか残っていません。創業時から今でも、青果については私自身が市場へ出向き仕入れを行っています。

当社がここまで成長できたのは、市場関係者や取引業者、従業員の協力があればこそ。そのうえで会社として前を向き続け、歩んできた成果だと考えています。
当社の取締役は、自社で育った従業員であり、店長・チーフといった管理職もまた、自社で育った従業員です。
社員、パート関係なく従業員を大切にしてきた結果としての強い団結力も、当社がここまで成長してこられた理由だと思っています。

新規店舗展開を続ける理由とは

食品館あおばが新規出店を続ける理由は2つあります。
1つは、地域のお客様のため、もう1つは従業員のためです。

地域のお客様に良い品を安く提供することを自負する当社ですが、近くに店舗がなければ買い物のために遠方まで出向いていただけなくてはなりません。まずは横浜・川崎を中心に地域の一番店をめざした出店を続けています。

もう一点の従業員のためというのは、今後新入社員を多く雇い入れる事で、将来的に人員に対して社内でのポストが足りなくなってくると予想されるからです。
店舗数が多ければ、必然的に店長・チーフのポストも多くなります。上のポストを目指すことで従業員の仕事に対する意欲を駆り立て、目標のビジョンを個々が明確に持てるような会社にしていきたいと考えています。

お客様に支持される店を目指して

食品スーパーとして、当社と同業他社との違いは、生鮮食品を自社で買い付けし、店舗ごとで加工をしている点です。当社だからできるこのやり方が、鮮度が良い品をお客様に購入していただけるという大きな強みになっています。
食に対する意識が高まっている昨今、お客様が購入店を選定する理由の1つに「鮮度」というキーワードがあると考えます。
高齢化少子化社会へ向けて、私どもは、鮮度管理の行き届いた高い品質の商品と、ディスカウントスーパーマーケットとしての価格設定に挑戦し続けていきたいと考えています。

社訓にこめられた思いと企業としての姿勢

人生は何事も挑戦。
勉強も運動も仕事も、挑戦です。
目標があると、人はその目標というゴール地点へ向かい、一生懸命前を見て走る事ができます。

社訓は、会社で働く事だけに留まらず、従業員1人1人の人生を考えて定めているものです。
そして私自身も、いまだに挑戦し続けています。

ビック・ライズの今後の展望

今後は、神奈川県を中心に、さらに多くの店舗を出店していきたいと考えています。
社内のシステムでは、女性の雇用と役職者の登用の拡大をしていき、10年以内に女性役職者の割合を概ね30%程度まで拡充していく予定です。

これからも株式会社ビック・ライズは、お客様第一主義で「よりよい品をより安く」、皆様に愛されるお店を目指して挑戦を続けていきます。
皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ビック・ライズ 中嶋 哲夫